きもち

日々の大事なことばたち

今日の一コマ

もうすぐ充電が切れそうなのでいまのうちに今日の一コマ。


「お漬物屋さん」

母が作るお漬物は美味しい。
もともとお漬物好きなわたしにとって、家にお漬物が常備してあるとワクワクする。母がお漬物にハマりだしてから、ここ最近毎日食べている。お弁当にも入れていく。そのくらい大好きなのだ。

小さいころから和食好きだったわたしは、たくあんや梅干し、浅漬け、ぬか漬け、ビール漬け、カレーライスに添えてある福神漬け、らっきょう漬けなど、ありとあらゆる漬物が好きだった。
白いご飯に漬物、納豆、それと味噌汁、といった献立が大好きで、小さいのに珍しいねとよく言われたものだ。

母がお漬物にハマりだしたのは、きっと雑誌の特集の影響だろう。母の部屋を覗いたときに、四季のお漬物とかいう(詳しくは忘れたけど…)そんな題名の雑誌の付録のような薄い冊子が置いてあった。いやあ、単純で分かりやすいのぅ。わたしと同じだ…と、どっちが親で子か分からなくなる感覚。はは。

わたしとしては、とてもありがたいハマりものなので、春も夏も続けて欲しいなあと思ってるよ。。。。
さあ、いつまでお漬物作りは続くでしょうか。



f:id:amour211:20150124051604j:plain
左:大根を薄く切ったものを醤油、砂糖、お酢、で煮たたせて漬けたもの。福神漬けのようなパリパリ感と甘辛い感じ。うまい。

右:大根の短冊切りに、酢と砂糖を入れて、柚子の果汁を絞り皮を切って漬けたもの。なますのような味。柚子が効いてうまい。