きもち

日々の大事なことばたち

自分を大切にすれば人に優しくなれるってほんとだと思った

信じるってこと、今までちゃんと、できてなかったんだとおもった。
どこか不安で。不安というか寂しくて、そばにいてくれないと怒ったりして。まるで小さな子どもでした。求めても求めても足りなくて、底なしの壺みたいに、するする垂れ流してしまうような、そんな感じで。

でも今は、ただそこにいてくれるだけでいいと、そう思えるようになった。と、思う。
完全にはまだ無理かもしれない。つらくなったら今までのわたしに戻っちゃうかもしれない。でも、こう、信じるってこと、もっと分かりたい。大人になりたい。自分の時間、相手の時間、大事にしたい。したいってゆうか、してあげたい。わかり合いたい。
ひとりでいても
ふたりでいても
大人数でいても
変わらない愛情
会えないときでも想いあえたり
ふたりでのんびりしたり
たくさんの人のなかで笑ったり
そんなふうにずっと暮らしていけたらなあ
そんなふうな未来がまっていたらいいなあ

いま考えたら夢なのかな?って
夢と現実の中で覚えてないけど。

もうこれからはずっと、正直に生きよう


なかなか変われないよな、でも、

心から
内面からにじみ出るような幸せそうな人になりたいな〜