きもち

日々の大事なことばたち

煮込み作業

これから誰と一緒にいても、飽きるときは絶対来るんだって。と言っていた人がいた。

飽きる理由ってなんだろう。その人の全てを分かりきったような気分でおるからなのかな。攻略しきった気持ちになるのかな。なんだろう。

でも、新しい味をコロコロ追求するごはん屋さんより、いつもの味、おなじみの味、ってのがやっぱり落ち着くし、ずっと通い続けたくなるんだと思う。飽きる気持ちを取るのか、それが落ち着くと思うのか。

じっくり煮込みましょう。
どんどんおいしくなって、他人には真似できないような味になって、そうやって、人間関係も、自分自身も深く濃いものにしていったら、おのずと楽しくなるのかな。

寂しいからって薄っぺらな付き合いを広げてくだけなんてきっと寂しさは埋まらないし虚しくなってくだけだよな。自分が仲良くしたいとか仲良くなりたいとか近づきたいとか知りたいとか思った人との関係は煮込んでいきたいなあと思った夜。ていねいに時間をかけて作り出したものは、たぶん、いや絶対に、ずっと注ぎ足していきたくなるから。

まずは、手間ひまかけてていねいに作った美味しいものを食べて体の中から幸せになりたい。

おべんとうの漫画、おもしろい。