きもち

日々の大事なことばたち

思考

父には言わなかった。
引っ越しすること。
だって全く喋らないから。
同じ職場で、すれ違うこともあるのに、お互い他人みたいに、目をそらして歩く。

会社を辞めるのも、
辞める理由も、
言わなかった。
辞表みてびっくりしたんだろうな。
実の娘なんだよな。
あの人とお母さんの愛の結晶なんだよな。
よくわかんないけどね。

ただ、
父は
娘を愛してあげれなかった
と言っているらしい。
会社の知り合いに聞いた。
わたしは確かに、
父に愛されなかったなあと思っていた。ずっと。
だけど、それがあの人の当たり前で、
あの人なりの愛情があったのかな、
とも思っていた。
だけど、結局愛されていなかったらしい。
父に甘えると、鬱陶しがられた思い出。
父と遊びたかったのに、趣味を優先するところ。
父と母が仲良くなくなったころ、
母が父の愚痴を言うのを聞いていた小学生のころ、
わたしも父がきらいになっていった。

父との溝は深くて広い。
甘えられる異性がいない生活。
そんな過去が今のわたしを形作っているのだろうか。

どこにもいかないで。
甘えたい。
遊んでほしい。
愛情がほしい。
さみしい。

父という異性から貰えなかったものを
一生かけて探し求めている。


なーんて。
本当に苦しくなるほどは考えないけどね。

いつか恋人を、旦那さんを紹介できたらいいな?いや。恥ずかしいよな。うちもまともに話もできないのに。


いろんな経験が人格をつくる。
未来に残せるのはなんだろう。

仲良くて、笑いのたえない家庭をつくる。