きもち

日々の大事なことばたち

独占欲の自制

なんだっていいんだけど
僕は君が欲しかったんだ
この手で抱きしめたかったんだ
この目で見つめてたかったんだよ

なんだっていいんだけど
僕は誰でもよかったんだ
その手で抱きしめてほしかった
その目で見つめてほしかったんだ


君を悲しませたくない
とか言っておいて、
君が僕のことで悲しむのが
なんかちょっと嬉しかったんだ

でも
わたしは全然悲しくない
とか言って笑って、
君が僕に笑いかけるのは
やっぱ全然嬉しくなんかないな


僕は君が必要だよ
君は僕が必要?
別に付き合ってるわけじゃないし
僕はただの居候だし
いつも部屋で君の帰りを待ってる

僕と違う香水の匂い
明け方の君の髪
となりで寝たふりをする僕
僕に抱きついて眠る君


僕は君が欲しかったんだ




2015.0806作