きもち

日々の大事なことばたち

なりたい自分

●なりたい自分とはなんぞや?

なりたい自分像というものを持っていると、日々の生活が楽しくなるように思います。目標というか一つの指標。今日はこうしよう。今月はこうしよう。今年はこういう一年にしよう。とか。
1番私の中でモチベーションの上がるものは、やはり貯金です。
お金は使わなかったら貯まるし、お金が貯まることの喜びってなんだかすごく嬉しいんです。私的に。あと、1番我慢が楽なのもありますね。この服かわいい!とおもっても、貯金できなくなる、とおもうと、少し踏みとどまります。それもこれも、私にはお金を貯めるという目標があるからなのだと思います。
ではなぜお金を貯めるのか。
それは将来の為です。好きな人と一緒に暮らすためや、何かあったときのためでもありますし、自分の大なり小なりの支出に備えてでもあります。とにかくお金があれば少し余裕のある考えが生まれますし、思い立ったら行動できる。好きに使える。 とにかく自由になれるのです。

「お金は無くてもどうにかなるけど、無いとどうにもならない」
ある方からいただいた言葉がすごく深い言葉でした。
たしかになくてもないなりになんとか工夫できる。でもないとどうにもならないことも、たくさんありますね、、
きっと、お金もバランスなんだと思います。ありすぎもダメ。なさすぎもダメ。まあその、ありすぎ、なさすぎ、のボーダーラインは人それぞれなんでしょうけど。ありすぎると人は、なんでもお金で解決しようとしますからね。日々の暮らしの工夫をしなくなる。そんな暮らしは楽しくない!なさすぎても、まず暮らせなかったら意味ないし…。
うーん。やっぱりお金は死ぬまで付いて回るし深いなあー。
私は、お金と仲良くして、賢い使い方をしていきたいですね。

なりたい自分像についての話のはずが、脱線しました。

今回はお金編ということで今日は寝ます。おやすみなさい。